FC2ブログ

黄金柱の地区部長会

創価学会の地区部長さんを応援するサイトです。座談会御書の講義資料や、折々のお役立ち資料を紹介しています。

日眼女造立釈迦仏供養事 2019年4月度 座談会御書講義

月度座談会御書「日眼女造立釈迦仏供養事」の講義用資料を作成しました。

拝読範囲: 御書全集   1187ページ  6行目 ~  8行目
拝読範囲: 編年体御書  1171ページ  6行目 ~  8行目

「 譬えば頭をふればかみゆるぐ心はたらけば身うごく、大風吹けば草木しづかならず・大地うごけば大海さはがし、教主釈尊をうごかし奉れば・ゆるがぬ草木やあるべき・さわがぬ水やあるべき  」

【ご参考】

「黄金柱の地区部長会ファイルスペース」に、印刷してすぐに使える御書講義の原稿ファイルを置いています。
(大白蓮華のページ間に挟んですぐに使える大白添付シート」(2019年 新構成対応版もつけています。) 

但し、ご自身の教学力向上のためにも、極力、ご利用を控えてください。
基本、研鑽の時間もないなど、「急場しのぎ程度」のご利用に留められる様に希望します。

 ⇒黄金柱の地区部長会ファイルスペース(忍者サンドボックス) 
  URL:http://ougon.sdbx.jp/

 【利用方法&パスワード】 ⇒ 
ファイルのアップロード先について 

(所要時間目安:約8分)

---------------------
【挨拶】 

皆さん、こんばんは。 
(挨拶など、状況に応じて入れてください。)

【座談会御書】

それでは、4月度の座談会御書を、皆さんと一緒に学んでいきましょう。

大白蓮華の58ページを開いてください。

今月の拝読御書は、「日眼女造立釈迦仏供養事」 (にちげんにょ ぞうりゅう しゃかぶつ くようのこと) です。

今月の御書では、御本尊への強盛な祈りこそが、困難な状況を打開する勝利の要諦であることを学んでいきます。

■背景と大意

はじめに背景と大意ですが、本抄は、大聖人が身延の地から、鎌倉に住む四条金吾の妻の日眼女に送られたお手紙です。

弘安2年の御述作とされていますが、弘安3年との説もあるようです。

本抄が執筆された時に、日眼女はちょうど37歳の厄年 (やくどし) を迎えていました。

当時、厄年は災いに遭う恐れがある年、節目の年として、備えをする風習がありました。

日眼女も厄年に際して大聖人に供養を行い、本抄は、それに対するお手紙となります。

大聖人は冒頭、“御守り御本尊を書いて差し上げましょう” と仰せになり、厄年と言ってもその根本はどこまでも深い信心に立つことであると励まされています。

続いて、三世十方の諸仏・菩薩・諸天善神などは、その根幹は “教主釈尊という仏” であり、この根本の仏を動かす強盛な祈りがあれば、万物をも揺り動かしていけることを教えられています。

今月学ぶ御文は、この部分となります。

■本文の拝読

それでは皆さんと一緒に御文を拝読したいと思います。
大白蓮華の60ページを開いてください。

では最初に題号を読みますので、それに続いてお願いします。
(大白蓮華60ページの御文を拝読)

はい、有難うございます。
(時間に余裕があれば、61ページの通解を読む)

■解説

それでは解説です。

( 以下略 PDFファイルで全文紹介 )


--------------------------------------------------------

【ご参考】

 「黄金柱の地区部長会ファイルスペース」に、印刷してすぐに使える御書講義の原稿ファイルを置いています。
 (大白蓮華のページ間に挟んで使える大白添付シート2019年 新構成対応版もつけています。) 

 但し、ご自身の教学力向上のためにも、極力、ご利用を控えてください。
 基本、研鑽の時間もないなど、「急場しのぎ程度」のご利用に留められる様に希望します。

  ⇒ 黄金柱の地区部長会ファイルスペース(忍者サンドボックス) 
     URL:http://ougon.sdbx.jp/

  【利用方法&パスワード】 ⇒ 
ファイルのアップロード先について 


スポンサーサイト
検索フォーム
来訪者数
現在の来訪者
現在の閲覧者数:
よかったらクリックしてね
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
info-zero