FC2ブログ

顕仏未来記 2018年1月度 座談会御書講義

1月度座談会御書の「顕仏未来記」の講義用資料を作成しました。

拝読範囲: 御書全集      509ページ  8行目 ~ 11行目
      編年体御書    562ページ 17行目 ~ 563ページ 2行目


「 伝教大師云く、『浅きは易く深きは難しとは 釈迦の所判なり浅きを去つて深きに就くは丈夫の心なり、天台大師は釈迦に信順し法華宗を助けて震旦に敷揚し・叡山の一家は天台に相承し法華宗を助けて日本に弘通す』等云云、安州の日蓮は恐くは三師に相承し法華宗を助けて末法に流通す三に一を加えて三国四師と号く 」

【ご参考】
 「黄金柱の地区部長会ファイルスペース」に、印刷してすぐに使える御書講義の原稿ファイルを置いています。
 (大白蓮華のページ間に挟んで使える「大白添付シート」もつけています。)
 

 
但し、ご自身の教学力向上のためにも、極力、ご利用を控えてください。
 
基本、研鑽の時間もないなど、「急場しのぎ程度」のご利用に留められる様に希望します。

  ⇒
黄金柱の地区部長会ファイルスペース(忍者サンドボックス)
   URL:http://ougon.sdbx.jp/

  【利用方法&パスワード】
⇒ ファイルのアップロード先について


(所要時間目安:約8分)

---------------------

【挨拶】

皆さん、こんばんは。
「世界広布新時代 栄光の年」、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

(挨拶など、状況に応じて入れてください。)

【座談会御書】

それでは、本年最初の座談会御書を、皆さんと一緒に学んでいきましょう。
大白蓮華の64ページを開いてください。

今月の拝読御書は、「顕仏未来記」(けんぶつ みらいき)です。

今月の御書では、“三国四師” の法華経の行者の系譜と、“創価学会の世界広布の使命” を学んでいきます。

■背景と大意

はじめに背景と大意ですが、本抄は、文永10年(1273年)に、大聖人が52歳の時に、佐渡流罪中の一谷(いちのさわ)で著(あらわ)された御書です。

題号の“顕仏未来記”とは、「仏の未来記を顕す」 との意味です。
これは、“釈尊の未来記を、いつ、誰が、どのように現実に顕すのか” を明らかにされるという事です。

初めに、この未来記について確認しておきたいと思います。

具体的には、“万人の成仏の教えである南無妙法蓮華経を大聖人が顕すことで、釈尊の未来記を実現した” ということを示されています。

それと共に、本抄では、日蓮大聖人ご自身の未来記も顕されています。

結論を言えば、大聖人は、「仏法必ず東土(とうど)の日本より出づべきなり」と示されて、末法のご本仏としての大聖人ご自身の未来記を明かされます。

そして、“仏法西還”、すなわち一閻浮提・全世界へと、大聖人の仏法が広宣流布していくことを宣言されています。

そして最後に、釈尊の末法広宣流布の未来記を受け継いだ大聖人ご自身こそが、インドの釈尊から中国の天台・日本の伝教、そして大聖人へと連なる法華経の行者の系譜、「三国四師」として、広宣流布の全責任を担う “末法の後継者” であることを宣言されます。

今月学ぶ御文は、この本抄最後の部分になります。

■ 本文の拝読

それでは皆さんと一緒に本文を拝読したいと思います。大白蓮華の66ページを開いてください。

最初に題号を読みますので、それに続いてお願いします。
(大白蓮華66ページの本文を拝読)

はい、有難うございます。
(時間に余裕があれば、下段の通解を読む)

■解説

それでは解説です。


( 以下略 PDFファイルで全文紹介 )

--------------------------------------------------

【ご参考】 

 「黄金柱の地区部長会ファイルスペース」に、印刷してすぐに使える御書講義の原稿ファイルを置いています。
 (大白蓮華のページ間に挟んで使える「大白添付シート」もつけています。) 

 
但し、ご自身の教学力向上のためにも、極力、ご利用を控えてください。
 
基本、研鑽の時間もないなど、「急場しのぎ程度」のご利用に留められる様に希望します。

  ⇒
黄金柱の地区部長会ファイルスペース(忍者サンドボックス)
   URL:http://ougon.sdbx.jp/

  【利用方法&パスワード】
⇒ ファイルのアップロード先について



スポンサーサイト
検索フォーム
来訪者数
現在の来訪者
現在の閲覧者数:
★★★ よかったらクリックしてね! ★★★
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布