FC2ブログ

黄金柱の地区部長会

創価学会の地区部長さんを応援するサイトです。座談会御書の講義資料や、折々のお役立ち資料を紹介しています。

寂日房御書 2013年10月度 座談会御書講義

( 2018年3月度の「寂日房御書」講義用資料の記事はこちら )

10月度座談会御書の「寂日房御書」の講義用資料を作成しました。

拝読範囲: 御書全集  903ページ 7行目 ~ 9行目
      編年体御書 1206ページ 15行目 ~ 1207ページ 2行目

「 かかる者の弟子檀那とならん人人は ~ まぬかれがたき身なり 」

(所要時間目安:約8分)

-------------------------------------------------------

【挨拶】

皆さん、こんばんは。 

(挨拶など、状況に応じて入れてください。)

【座談会御書】

それでは今月の座談会御書を、皆さんと一緒に学んでいきましょう。
大白蓮華の28ページを開いてください。

今月の拝読御書は「寂日房御書(じゃくにちぼうごしょ)」です。

今月の御書では、師匠と同じ心で広宣流布に生き抜く、“師弟不二の実践”を学んでいきます。

■ 背景と大意

はじめに背景と大意ですが、本抄は、弘安2年(1279年)9月に、日蓮大聖人が58歳の時に身延の地であらわされました。

ちょうど、熱原の法難の直前の時期にあたります。

本抄は、「寂日房御書(じゃくにちぼうごしょ)」と呼ばれていますが、実は、寂日房(じゃくにちぼう)に与えられたお手紙ではありません。
ある門下のために認められ、弟子の寂日房に伝達を託されたお手紙です。

お手紙の最後に、「此の事 寂日房くわしくかたりたまへ。」と記されています。

お手紙を託した寂日房に、“手紙を託された以上、師匠の心を間違いなく伝えるのですよ”と念を押されていると拝されます。

本抄では、熱原の法難が間近に迫る中、無実の農民信徒が大難の嵐に直面している時期に、弟子に対して、“日蓮の弟子ならば、日蓮と同じ覚悟でたたかっていきなさい”と、師弟不二の道を貫き通すように励まされています。

■本文の拝読

それでは本文を皆さんと一緒に拝読したいと思います。

大白蓮華の30ページを開いてください。

最初に題号を読みますので、それに続いてお願いします。

(大白蓮華30ページの本文を拝読)

はい、有難うございます。

(時間に余裕があれば、下段の通解を読む)

■解説

それでは解説です。

(以下、PDFファイルにて全文掲載)

------------------------------------------------------- 


【ご参考】

 忍者サンドボックスに、御書講義の原稿ファイルを置いています。
 但し、ご自身の教学力向上のためにも、極力、ご利用を控えてください。
 基本、研鑽の時間もないなど、「急場しのぎ程度」のご利用に留められる様に希望します。
  ⇒忍者サンドボックス (黄金柱の地区部長会 ファイルスペース)
   URL:http://ougon.sdbx.jp/

  【利用方法】  ⇒ 忍者サンドボックスについて

スポンサーサイト
検索フォーム
来訪者数
現在の来訪者
現在の閲覧者数:
よかったらクリックしてね
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
info-zero