スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開目抄 2014年2月度 御書講義(御書学習会)

2014年2月度 御書講義(御書学習会)「開目抄」

御書講義 拝読範囲:
 御書全集   200ページ 9行目 ~ 201ページ 1行目
 編年体御書 428ページ11行目 ~ 429ページ 2行目

 「 日本国に此れをしれる者は ~ 謀反なんどの者のごとし 」

2月度御書講義の「開目抄」の講義用資料を作成しました。

-------------------------------

2014年2月度 教学の日 御書講義 「開目抄」

【挨拶】

(地域の状況に応じて挨拶など入れてください。)

それでは本年最初の御書講義を始めたいと思います。

大白蓮華2月号の50ページを開いてください。

今回の拝読御書は「開目抄(かいもくしょう)」です。

今回は、開目抄の中でも、日蓮大聖人が立宗宣言の直前を振り返った箇所を学び、世界広布新時代の開幕にあたり、「誓願」の重要性を改めて学んでいく御書講義となります。

■背景と大意

はじめに、51ページ下段の背景と大意を確認しておきます。
真ん中の「開目抄」のところからです。

(P51下段【開目抄】の「本抄は」~P51最後「示されています。」を読む)

はい。

では次に、59ページを開いてください。

【拝読のために】を確認しておきたいと思います。

(P59中段【拝読のために】の「日蓮大聖人の仏法は」~P59中段L8「『開目抄』です。」を読む)
とあります。

少し時代背景を確認しておきますが、開目抄御執筆の当時、大聖人はじめ多くの門下が迫害にあい、退転者が続出していました。
そのような中で、門下の間に、「大聖人が法華経の行者であるなら、どうして佐渡に流されたのか。なぜ諸天善神の加護が無いのか。」という疑念が広がっていました。
この疑問に応じる形で著されたのが「開目抄」です。

この疑問に答えられるために、本抄では、大聖人ご自身が末法の法華経の行者であることは間違いないことが明かされます。
そのために、第1に、改めて、“法華経こそが末法の一切衆生を救済する根本の教えであること。”
また第2に “大聖人ご自身の実践が、全部、法華経の経文どおりであること” を述べられていきます。

【拝読のために】に戻ります。先ほどの続きの、中段最後から3行目からですが、
(P59中段L9「本抄の前半では」~P59下段L12「拝していきます。」を読む)

このことについて、上段にある池田先生のご指導の「1」を確認しておきたいと思います。
(P59上段【1 確固たる哲学と信念】を読む)

はい。
ここで先生が語って下さっているように、この仏法、法華経は、“全人類を救っていける成仏の教え”であって、そして大聖人が、広宣流布への偉大なる信念で、この大法を不惜身命で弘めていくことを誓った、ということです。


“最高の信念”で、大聖人が大難につぐ大難のご生涯を送っていかれた。
そのことをそのまま述べられているのが「開目抄」です。

今回の御書講義では、開目抄の中の“立宗宣言の直前の決意=誓願”を述べられた部分を学んでいきます。

ここで、“誓願”について、もう少し確認しておきたいと思います。

“大聖人の誓願”といえば、私たちからすると、何か遠い出来事のように感じてしまうかもしれません。

しかし、実は、私たち学会員は、朝晩の勤行のときに“広宣流布”を祈念しています。
皆さん朝晩、「広宣流布大願成就と、創価学会万代の興隆を御祈念申し上げます。」と祈念し、また最後には、「世界の平和と一切衆生の幸福のために」と祈念していますが、このことです。

従って、私たち学会員は、毎朝・毎晩、大聖人と同じ誓願に立っているという事になります。

この“誓願”は、私たち自身の日々の活動での実践と言えますし、また、私たちしか、この大聖人の誓願を日々祈り、そして行動している人は他にいない、という事にもなります。

“大聖人と同じ誓願”・・・・、この誓願を実践するために大事な要素が2つあります。

一つ目が、この仏法が「最高の法」であるということです。
“万人がみな仏である”という事を説き明かした仏法でなければ、本当の意味で、民衆救済の請願を実践していくことは出来ません。

そして、二つ目は、「信念と行動」です。
法が最高であっても、そのことを信じて実践し抜いていく行動が大事です。

“最高の哲学”と“最高の信念”を持っている、これが私たち、大聖人の仏法を実践している学会員の、最高の確信と最高の誇りという事になります。
この私たち学会員全員の“信心の出発点”が、今日学びます “大聖人の立宗宣言直前の決意” から始まっています。

この私たちの信心の原点を、今日は一緒に学び合っていきたいと思います。

■本文

それでは本文に入っていきたいと思います。56ページを開いてください。
今回の拝読範囲は、4つの段に分かれます。

(以後、続きは、PDFファイル・Wordファイルにて全文掲載)

-------------------------------

【ご参考】

 忍者サンドボックスに、御書講義の原稿ファイルを置いています。
 但し、ご自身の教学力向上のためにも、極力、ご利用を控えてください。
 基本、研鑽の時間もないなど、「急場しのぎ程度」のご利用に留められる様に希望します。
  ⇒忍者サンドボックス (黄金柱の地区部長会 ファイルスペース)
   URL:http://ougon.sdbx.jp/

  【利用方法】  ⇒ 忍者サンドボックスについて



スポンサーサイト

大悪大善御書 2014年1月度 座談会御書講義

「世界広布新時代 開幕の年」、新年、あけましておめでとうございます。

本年も、どうぞ宜しくお願いいたします。

早速ですが、1月度座談会御書の「大悪大善御書」の講義用資料を作成しました。

拝読範囲: 御書全集  1300ページ 1行目 ~ 3行目
      編年体御書 1431ページ 1行目 ~ 3行目

「 大事には小瑞なし ~ をどりてこそ いで給いしか 」

(所要時間目安:約8分)

-------------------------------------------------------

【挨拶】

皆さん、こんばんは。
「世界広布新時代 開幕の年」、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

(挨拶など、状況に応じて入れてください。)


【座談会御書】

それでは本年最初の座談会御書を、皆さんと一緒に学んでいきましょう。
大白蓮華の58ページを開いてください。

今月の拝読御書は「大悪大善御書(だいあくだいぜんごしょ)」です。

今月の御書では、世界広布新時代へ、地涌の使命を学んでいきます。

■ 背景と大意

はじめに背景と大意ですが、本抄は、一部分のみが伝えられたお手紙で、執筆年や誰に送られたお手紙かも不明です。

ただ、その内容から、蒙古襲来などで社会が騒然とする中で、苦難と戦う弟子たちを激励するために認められたお手紙と推察されます。

当時、一国を挙げた大謗法によって三災七難が起こり、立正安国論で予言された自界叛逆難や他国侵逼難が現実のものとなっていました。

大聖人が、この様な大難が起こるのは、大正法が広まる大善の前兆であると述べられています。
従って、決して現状を嘆く必要はないと励まされています。

そして、成仏の法を聞いて大歓喜に舞い踊った迦葉や舎利弗のように、また、妙法流布の使命を担って大地から躍り出た上行菩薩のように、喜び勇んで広布に立ち上がるように励まされています。

今月学ぶ御文は、この部分になります。

■本文の拝読

それでは本文を皆さんと一緒に拝読したいと思います。大白蓮華の60ページを開いてください。
最初に題号を読みますので、それに続いてお願いします。

(大白蓮華60ページの本文を拝読)

はい、有難うございます。

(時間に余裕があれば、下段の通解を読む)

■解説

それでは解説です。

御文の冒頭で「大事には小瑞なし」とありますが、「大事」、大きな出来事の前には、必ずといっていいほど「瑞相」、すなわち前兆があります。

続く御文の「大悪をこれば大善きたる」からの一節で大聖人は、日本一国が「大悪」すなわち大謗法をおかしているということは、必ず「大善」すなわち大正法が広まることは間違いないと断言されています。

そして続いて「各各(おのおの)なにをか なげかせ給うべき」と仰せです。
大聖人は、今起こっている苦難は、“必ず正法が広まる”という「大善」のための瑞相なのだから、決して嘆く必要はない。
むしろ“正法流布の時”と喜んでいきなさい、と示されています。

そのことについて、続く御文で、釈尊の十大弟子であった迦葉尊者(かしょうそんじゃ)や舎利弗(しゃりほつ)が、成仏の法を聞いた大歓喜に舞い踊ったように喜ぶべきである、と仰せです。

また、上行菩薩が涌出したときには、大地から躍り出た、と仰せです。
この様に、舞い踊るが如く、歓喜の躍動をもって立ち上がるべきであると教えられています。

大切なのは、「歓喜の唱題で何があっても負けない信心を貫くこと」です。

池田先生は、この御文に脈打つのは「さあ、戦おうじゃないか!」という心だと教えられました。
「難がくれば『やー!来たか!』と喜んでダンスをする。そういう勇気で戦う」「困難があればあるほど、喜び勇んで、舞を舞う勢いで戦っていく」とも言われています。

また、池田先生は、

(中略 PDFファイル・Wordファイルにて全文掲載)

と、語られています。

朗々と題目を唱え切り、広宣流布に前進し続ければ、一切を変毒為薬し、宿命転換していける。このことは、私たちの先輩が草創期以来、貴重な体験として実証して下さっている通りです。
一切の苦悩をも幸福へと転じて行く、その源泉はたゆまぬ唱題にあります。
唱題根本に、「私自身の世界広布の新時代」を切り開いていきましょう。

続いて、御文にある上行菩薩の涌出について、少し確認しておきたいと思います。

法華経の涌出品で大地の底から勢いよく躍り出てきたのが地涌の菩薩で、そのリーダーが上行菩薩です。
上行菩薩を先頭に、地涌の菩薩は、末法広宣流布の大誓願に燃えて大地より躍り出ました。

時代は変わり末法に至り現代にあって、戸田先生は獄中闘争の中で、“我地涌の菩薩なり”との悟達を得ました。

そして戸田先生は、地涌の菩薩の自覚を学会員に語り、その自覚が学会全体にあふれかえり、ついに75万世帯の地涌の連帯が築かれたのです。

そして「世界広布新時代開幕」の今、私たちは何をなすべきか。

(中略 PDFファイル・Wordファイルにて全文掲載)

私たちが開く世界広布の新時代も、全ては私たち一人一人の今いる足元から始まります。
地涌の菩薩の自覚を胸に、我が使命の舞台で、どこまでも一人を大切に友好対話に挑戦し、友情と信頼の輪を幾重にも広げながら、連続勝利の大闘争を開始して参りましょう。

御書の学習は以上です。

■最後に

さあ、世界広布新時代の大勝利へ、共々に勇気の前進を開始しようではありませんか。

(状況に合わせて、追加してください。)

以上です。

-------------------------------------------------------

【ご参考】

 忍者サンドボックスに、御書講義の原稿ファイルを置いています。
 但し、ご自身の教学力向上のためにも、極力、ご利用を控えてください。
 基本、研鑽の時間もないなど、「急場しのぎ程度」のご利用に留められる様に希望します。
  ⇒忍者サンドボックス (黄金柱の地区部長会 ファイルスペース)
   URL:http://ougon.sdbx.jp/

  【利用方法】  ⇒ 忍者サンドボックスについて

検索フォーム
来訪者数
現在来訪中
現在の閲覧者数:
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。