おしらせ

 過去の大半の資料PDFを「黄金柱の地区部長会ファイルスペース」に置いています。
 パスワードによる閲覧と、購読による閲覧が可能となっています。
 パスワードについては、別途、info-zeroにて案内します。
  ⇒リンク【10月度パスワード】(10月度パスワードで11月末まで有効です。)


日妙聖人御書 2017年11月度 座談会御書講義

11月度座談会御書の「日妙聖人御書」の講義用資料を作成しました。

拝読範囲: 御書全集  1215ページ 18行目 ~ 1216ページ 1行目
      編年体御書   493ページ 7行目 ~ 8行目


「 我等具縛の凡夫 ~ 釈尊と斉等なりと申す文なり 」

【ご参考】
 「黄金柱の地区部長会ファイルスペース」に、印刷してすぐに使える御書講義の原稿ファイルを置いています。
 (大白蓮華のページ間に挟んで使える「大白添付シート」もつけています。)
 

 
但し、ご自身の教学力向上のためにも、極力、ご利用を控えてください。
 
基本、研鑽の時間もないなど、「急場しのぎ程度」のご利用に留められる様に希望します。

  ⇒
黄金柱の地区部長会ファイルスペース(忍者サンドボックス)
   URL:http://ougon.sdbx.jp/

  【利用方法&パスワード】
⇒ ファイルのアップロード先について


(所要時間目安:約8分)

---------------------

【挨拶】

皆さん、こんばんは。
(挨拶など、状況に応じて入れてください。)


【座談会御書】

それでは11月度の座談会御書を、皆さんと一緒に学んでいきましょう。
大白蓮華の50ページを開いてください。

今月の拝読御書は、「日妙聖人御書」(にちみょうしょうにん ごしょ)です。

今月の御書では「受持即観心」の法理と、「経文通りに実践する人は仏と同じ大境涯を開いていける」ということを学んでいきます。

■背景と大意

はじめに背景と大意ですが、本抄は、文永9年(1272年)5月に、大聖人が51歳の時に佐渡で認められ、乙御前の母である日妙聖人に与えられたお手紙です。

乙御前の母は、鎌倉の門下で、夫と離別し、幼い娘を育てながら純粋な信心を貫いた女性です。

文永8年(1271年)9月の竜口の法難のあと、日蓮大聖人は佐渡に流罪となりました。
この時に、鎌倉の門下も幕府から厳しい弾圧を受け、多くの弟子が退転してしまいました。
しかし、そうした嵐の中にあって、乙御前の母は信心の炎を燃やし、はるばる鎌倉の大聖人を訪ねていきました。

今と違い、鎌倉時代のことです。女性の身でありながら険しい山や海を越え、師匠を求めて鎌倉から遠く佐渡まで大聖人を訪ねることが、どれほどの困難であったか。

本抄は、この乙御前の求道の志が、いかに偉大で、まれなことであるかを称賛された御書です。

本抄の前半では、雪山童子や薬王菩薩などの例を挙げて、「不惜身命」の精神を教えられています。
続いて、これらの求道者達が長遠な時間にわたる修行によって得た功徳は、法華経の「妙の一字」に全て納まっていると示されます。

また、「師子王の子は師子王となる」ように、末法において私たちが「妙法蓮華経の五字」を受持すれば、仏と全く等しい境涯を得ることが出来る、と教えられています。

今月学ぶ御文は、この部分になります。

そして最後に、乙御前の母を「日本第一の法華経の行者の女人」である、と心から讃えられ、「日妙聖人」と最高の名を贈られています。


■ 本文の拝読

それでは皆さんと一緒に本文を拝読したいと思います。
大白蓮華の52ページを開いてください。

最初に題号を読みますので、それに続いてお願いします。
(大白蓮華52ページの本文を拝読)

はい、有難うございます。
(時間に余裕があれば、下段の通解を読む)

■解説

それでは解説です。

本文冒頭で大聖人は、「我等具縛(ぐばく)の凡夫忽(たちまち)に教主釈尊と功徳ひとし」と仰せです。
“我等具縛(ぐばく)の凡夫”とは、煩悩や生死の苦しみに縛られた人間のことであり、現実の世界において、様々な困難や悩みとたたかう、私たち凡夫のことです。
そうした私たちであっても妙法を受持するならば、“たちまちに、釈尊と全く等しい境涯を得ることが出来る”、と、大聖人は断言されています。

“凡夫が仏と等しい境涯を得られる”、との大確信ですが、なぜ、そう言えるのか?

これについて大聖人は、続く本文で、「彼の功徳を全体うけとる故なり」と言われています。
「受持即観心」を述べられた箇所となりますが、これについて少し確認しておきたいと思います。

( 以下略 PDFファイルで全文紹介 )

--------------------------------------------------

【ご参考】 

 「黄金柱の地区部長会ファイルスペース」に、印刷してすぐに使える御書講義の原稿ファイルを置いています。
 (大白蓮華のページ間に挟んで使える「大白添付シート」もつけています。) 

 
但し、ご自身の教学力向上のためにも、極力、ご利用を控えてください。
 
基本、研鑽の時間もないなど、「急場しのぎ程度」のご利用に留められる様に希望します。

  ⇒
黄金柱の地区部長会ファイルスペース(忍者サンドボックス)
   URL:http://ougon.sdbx.jp/

  【利用方法&パスワード】
⇒ ファイルのアップロード先について


スポンサーサイト

法華証明抄 2017年10月度 御書講義(御書学習会)

10月度の御書講義「法華証明抄」につきましては、諸事情により中止とさせていただきます。

ご理解のほど、宜しくお願いいたします。

阿仏房尼御前御返事 2017年10月度 座談会御書講義

10月度座談会御書の「阿仏房尼御前御返事」の講義用資料を作成しました。

拝読範囲: 御書全集  1308ページ 4行目 ~ 5行目
      編年体御書   802ページ 4行目 ~ 5行目


「 弥信心をはげみ給うべし ~ 如説修行の人とは是なり 」

【ご参考】
 忍者サンドボックスに、印刷してすぐに使える御書講義の原稿ファイルを置いています。
 (大白蓮華のページ間に挟んで使える「大白添付シート」もつけています。)
 
 
但し、ご自身の教学力向上のためにも、極力、ご利用を控えてください。
 
基本、研鑽の時間もないなど、「急場しのぎ程度」のご利用に留められる様に希望します。
  ⇒
忍者サンドボックス (黄金柱の地区部長会 ファイルスペース)
   URL:http://ougon.sdbx.jp/

  【利用方法&パスワード】
⇒ 忍者サンドボックスについて


(所要時間目安:約8分)

---------------------

【挨拶】

皆さん、こんばんは。
(挨拶など、状況に応じて入れてください。)


【座談会御書】

それでは10月度の座談会御書を、皆さんと一緒に学んでいきましょう。
大白蓮華の44ページを開いてください。

今月の拝読御書は、「阿仏房尼御前御返事」(あぶつぼう あまごぜん ごへんじ)です。

今月の御書では、いよいよの心で、何があっても堂々と正義を叫び抜き、対話拡大に挑戦することの重要性を学んでいきます。

■背景と大意

はじめに背景と大意ですが、本抄は、建治2年(1276年)に身延であらわされ、佐渡の阿仏房の婦人である千日尼に与えられたお手紙です。

阿仏房夫妻は、もともとは念仏の信仰をしていましたが、大聖人の佐渡流罪中に入信し、厳しい環境の中、大聖人をお守りしました。
大聖人が赦免され鎌倉に帰られた後には、阿仏房夫妻が佐渡の信徒の中心となって、信心の指導、弘教に励んでいました。
夫の阿仏房は大聖人から「北国(ほっこく)の導師」と呼ばれていましたが、婦人の千日尼も懸命に信心に励んでいたようです。

本抄は、千日尼が、謗法の罪の「軽い・重い」について、大聖人に質問したことに対するご返事です。
過去の念仏信仰がどれほど重い謗法にあたるかを、千日尼は心配していたと考えられます。
これに対して大聖人は、法華経は一切衆生が皆、成仏できる法であり、法華経への信心があれば、必ず成仏できると示されます。また、信心強盛な人は、仮にわずかな謗法があっても罪を受けることはないとされています。

そして、仏法を人に語って憎まれたとしても“にく(憎)まば にくめ”という信念で、仏の金言通りに、堂々と信心を貫いていくように激励されています。

今月学ぶ御文は、この部分になります。

■ 本文の拝読

それでは皆さんと一緒に本文を拝読したいと思います。
大白蓮華の46ページを開いてください。

最初に題号を読みますので、それに続いてお願いします。
(大白蓮華46ページの本文を拝読)

はい、有難うございます。
(時間に余裕があれば、下段の通解を読む)

■解説

それでは解説です。

先ほどの背景と大意でも触れましたが、阿仏房と千日尼の夫妻は、信仰のために厳しい弾圧を受けながら、流罪の身の大聖人を懸命にお守りし、信心を貫き通した門下です。
大聖人は、けなげに戦ってきた千日尼が、これより後も決して退くことなく、成仏の道を歩んでいけるように力強く激励されます。
それが、本文冒頭の「弥(いよいよ)信心をはげみ給うべし」との仰せです。
常に、“今ここから”と決意も新たに、前へ前へと前進していく、また、瞬時も油断することなく、魔との戦いに挑んでいきなさい、との大激励です。

また、具体的な信心の実践について示されます。
本文続いて「仏法の道理を人に語らむ」、とありますが、ここでの「仏法の道理」とは、“この妙法こそが成仏の道であり、逆に、法華経に敵対する思想・宗教は、人々を不幸にする根本原因である”、という厳しい因果の道理のことです。

そして、この“仏法の道理を人に語っていく”、ということは、友の幸福を願って実践している折伏のことです。

そして、本文続いて「男女僧尼必ずにくむべし」とあるように、仏法の道理を語り折伏することによって、その結果、僧俗を問わずあらゆる人々から憎まれ、強い反発を受ける、と仰せです。
しかし大聖人は、本文続いて「よしにくまばにくめ」と、“憎みたいものは憎めばよい”、と仰せです。ここから、大聖人の、“全民衆を救ってみせる”、との大情熱と、何ものも恐れない悠然たる大境涯が拝されます。

大聖人が鎌倉に戻られたあとの佐渡の地で、様々な非難や苦闘の中を懸命に戦っていた阿仏房夫妻や佐渡門下も、この大聖人の力強い一言に、どれほど勇気づけられ、腹が決まったことでしょう。

( 以下略 PDFファイルで全文紹介 )

--------------------------------------------------

【ご参考】 

 忍者サンドボックスに、印刷してすぐに使える御書講義の原稿ファイルを置いています。
 (大白蓮華のページ間に挟んで使える「大白添付シート」もつけています。)
 
 但し、ご自身の教学力向上のためにも、極力、ご利用を控えてください。
 基本、研鑽の時間もないなど、「急場しのぎ程度」のご利用に留められる様に希望します。
  ⇒忍者サンドボックス (黄金柱の地区部長会 ファイルスペース)
   URL:http://ougon.sdbx.jp/

  【利用方法&パスワード】 ⇒ 忍者サンドボックスについて

2017年度 教学部初級試験・青年教学3級試験 練習問題

2017年度の教学部 初級試験・青年教学3級試験練習問題ですが、
PDFファイルにて、忍者サンドボックス にUPしました。

以下のようなイメージです。(問題 全9ページ)

初級3級ドリル2017  


ご活用ください。

  ⇒忍者サンドボックス (黄金柱の地区部長会 ファイルスペース)
   URL:http://ougon.sdbx.jp/

  【利用方法】  ⇒ 忍者サンドボックスについて

持妙法華問答抄 2017年9月度 座談会御書講義

9月度座談会御書の「持妙法華問答抄」の講義用資料を作成しました。

拝読範囲: 御書全集   467ページ 16行目 ~ 18行目
      編年体御書  217ページ 16行目 ~ 18行目


「 寂光の都ならずは ~ 今生人界の思出なるべき 」

【ご参考】
 忍者サンドボックスに、印刷してすぐに使える御書講義の原稿ファイルを置いています。
 (大白蓮華のページ間に挟んで使える「大白添付シート」もつけています。)
 
 
但し、ご自身の教学力向上のためにも、極力、ご利用を控えてください。
 
基本、研鑽の時間もないなど、「急場しのぎ程度」のご利用に留められる様に希望します。
  ⇒
忍者サンドボックス (黄金柱の地区部長会 ファイルスペース)
   URL:http://ougon.sdbx.jp/

  【利用方法&パスワード】
⇒ 忍者サンドボックスについて


(所要時間目安:約8分)

---------------------

【挨拶】

皆さん、こんばんは。
(挨拶など、状況に応じて入れてください。)


【座談会御書】

それでは9月度の座談会御書を、皆さんと一緒に学んでいきましょう。
大白蓮華の22ページを開いてください。

今月の拝読御書は、「持妙法華問答抄」(じみょうほっけもんどうしょう)です。

今月の御書では、妙法を持つ意義と、弘教拡大へと挑戦することの重要性を学んでいきます。

■背景と大意

はじめに背景と大意ですが、本抄は、弘長3年(1263年)に大聖人がご執筆、或いは弟子の著作を承認されたものなど諸説あるようですが、詳しくはわからないようです。

題号に「持妙法華」とあるように、「妙法蓮華経」を「持つ」ことによって、成仏という最高の境涯を開き顕せることを、5つの問答形式で教えられています。

問答を通して、初めに「仏になるために修行すべき法が法華経である」ことが述べられ、そして、法華経が諸経典の中で最も優れた法であり、“二乗”の人々も含めて、全ての人を成仏させる教えであること、が順に示されていきます。

そして、「法華経をどのように修行すべきか」の問いに対して、「信」の重要性を強調されます。
また、人生は無常であり、この短い一生で慢心や我執(がしゅう)にとらわれ、社会的な地位や名声をむさぼる愚かさを指摘され、法華経を持ち抜くように教えられています。

そして最後に、はかない名声や利益に執着する自分を乗り越えて、妙法を自らも唱え、人にも勧めていくことこそ、人間として生まれてきた、この一生の思い出となることを示されています。

今月学ぶ御文は、本抄の結びにあたる、この部分になります。

■ 本文の拝読

それでは皆さんと一緒に本文を拝読したいと思います。
大白蓮華の24ページを開いてください。

最初に題号を読みますので、それに続いてお願いします。
(大白蓮華24ページの本文を拝読)

はい、有難うございます。
(時間に余裕があれば、下段の通解を読む)

■解説

それでは解説です。

本文冒頭で 「 寂光(じゃっこう)の都ならずは何(いず)くも皆苦なるべし 本覚(ほんがく)の栖(すみか)を離れて何事か楽みなるべき 」、とあります。
「寂光(じゃっこう)の都」、「本覚(ほんがく)の栖(すみか)」とは、要するに「仏の境涯」のことです。

ここでは、仏の悟り境涯を自らの胸中に開くことが、本当の楽しみとなることを教えられています。

私たちの胸中には、いかなる苦難をも乗り越えていける仏界の生命があります。
冒頭の仰せは、この仏の生命を涌現して、「人間革命」・「境界革命」を果たしていくことで、自身の置かれている環境をも変えていけることを教えられています。

本文続いての、「 願くは「現世安穏・後生(ごしょう)善処(ぜんしょ)」の妙法を持つのみこそ 只(ただ)今生(こんじょう)の名聞(みょうもん)・後世(ごせ)の弄引(ろういん)なるべけれ 」、の仰せは、妙法を持つ意義について教えられているところです。

法華経では「現世安穏・後生善処」と、妙法の大功徳が説かれています。
妙法を信じ持つことが、現世も来世も揺るぎない安心の境涯、すなわち仏の境涯を開くことが出来る、そしてこの「妙法を持つ」ことが最高の名誉となるのです。

ただし、単に“平穏無事”なのが“現世安穏”なのではありません。

このことについて池田先生は、

( 以下略 PDFファイルで全文紹介 )

--------------------------------------------------

【ご参考】 

 忍者サンドボックスに、印刷してすぐに使える御書講義の原稿ファイルを置いています。
 (大白蓮華のページ間に挟んで使える「大白添付シート」もつけています。)
 
 但し、ご自身の教学力向上のためにも、極力、ご利用を控えてください。
 基本、研鑽の時間もないなど、「急場しのぎ程度」のご利用に留められる様に希望します。
  ⇒忍者サンドボックス (黄金柱の地区部長会 ファイルスペース)
   URL:http://ougon.sdbx.jp/

  【利用方法&パスワード】 ⇒ 忍者サンドボックスについて


検索フォーム
来訪者数
現在来訪中
現在の閲覧者数:
スポンサードリンク